寒川神社の一の鳥居前の大通りに面したところにある小さなラーメン屋さんです。
一見するとカフェ?と勘違いしてしまいそうなラーメン屋さんとはわからない外観ですが、それが店主の狙いだそうです。

実はこのラーメン屋さん以前レビューでもあげた万年青の大将に教えてもらい来訪したお店です。常連さんから寒川にあっさり系で美味しい店があると聞いたのを教えてくれました。

見目美しいラーメン!これは間違いないやつだ!

生姜ラーメン ブリキの木こり 寒川神社前

太めの平打ちちぢれ麺に上品な白髪ネキ、味玉、穂先メンマ、うっすらピンク色に仕上がったシャーシュー、青物は豆苗かな?さらに出汁にも使われていると思われるバラ肉がのり器も真空保温ステンレスを使うなど見た目も美しく心配りを感じる一杯です。

これが不味いわけがない!間違いないやつです。

スープを一口すするとじんわりとした旨味が口に広がります。こってり系のように最初にガツンとくるタイプではないのですが、後から生姜の風味がやってきて体をぽかぽかと温めてくれます。

コシのある太めの平打ちちぢれ麺の喉越しが心地よく、スルスルと胃袋を満たしていき、薄ピンクに仕上がったチャーシューは思った通り真空低音調理で仕上げられており、刺身のようなしっとりとした食感がクセになります。

まさかの2杯目注文!塩ワンタン麺

塩ワンタン麺 ブリキの木こり 寒川神社

ちょっと気になることもあり、あっさりだったのでもう一杯いけると確信し塩ワンタン麺を注文しました。

塩ワンタン麺は麺が中細のストレート麺で、これぞ塩ラーメン!と言いたくなるような透き通ったスープです。生姜醤油のような尖ったインパクトはないのですが、麺とワンタンが主役となるラーメンです。

冒頭に気になった事と書きましたが、このラーメンはワサビががあう日本食としてのラーメンではないか?ということです。このラーメンを食べて確信しました。

お茶漬けとして食べたい!

そんな熱い思いを店主にぶつけたところ、再訪するとお茶漬けセットを販売するようになっているじゃあないですか!今はさらにお茶漬けのメニューを試作中だそうです。楽しみですね。

ここのラーメン屋さんは、通常メニュー以外にも常に新しい限定メニューを作っているので、非常に今後が楽しみです。

店名ブリキの木こり
ジャンルあっさり系ラーメン
住所

神奈川県高座郡寒川町一之宮3-2-1

”神奈川県高座郡寒川町一之宮3-2-1″

JR相模線寒川駅より徒歩8分
寒川駅から623m

営業時間11:00~15:00
17:30~21:00
日曜営業

火曜日、隔週月曜日定休

関連ランキング:ラーメン | 寒川駅

ブリキの木こりラーメン / 寒川駅

昼総合点★★★★ 4.5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で