禁煙が辛いタバコ吸いたい
By: Ken Hawkins

禁煙生活が始まり3日目突入。

考えることはタバコのことばかりです。

頭もぼーっとして働かず、コンビニに公共料金を払いに行ったはずなのにドリンクだけ買って帰ってきてしまう始末です。

コーヒーを飲むとタバコが吸いたくなるので、禁煙・禁コーヒー状態です。

 

しばらく更新を止めていたブログまで再開してタバコへの思いを綴ってしまうとは・・・。失恋して恋愛小説を書き始めてしまうような気分です。

今なら「会いたくて震える」西野カナの気持ちがわかりますよ。「タバコが吸いたくて震える」という西野カナも驚きの禁断症状です。

何度も禁煙し何度も失敗してきた経験上、この3日目が本当に大きな壁なんですよね。ちょうどニコチンが体内から完全に抜けきるようで、いつもここでシケモクに手を出し、失敗してきました。

しかし今回はこいつのお世話になろうと思います。

そうニコチンパッチ「シガノン」です。この商品は衣料品なので割引はないと思ってたら、アマゾンのプライム会員だと1000円近く割引されるんですね。(アマゾンは結構価格がコロコロ変わるので今が買い時なのかもしれません。)

【第1類医薬品】シガノンCQ2(2017年12月)

参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,845 通常配送無料
OFF:¥ 855 (32%)

 

シガノンを貼った効果は?

シガノンを貼り、だいぶ吸いたい欲求は治まりました。

それもそのはず結果的にはニコチンを摂取しているわけですから。そのため離脱症状が治る3日目には貼りたくなかったのですが・・・。しかし実際のところ過去1ヶ月だけ禁煙に成功した時はシガノンのおかげでした。

その時は初日から貼っていたため特に禁断症状もなくすんなりやめられました。

ただ、結局ニコチン依存の体質は変わらないため今回はシガノン抜きで禁煙しようと思ったのですが、吸ってしまうよりはマシ!ということでシガノンに頼りました。

そしてシガノンを貼った効果はというと、貼った直後はまだ「吸いたい」という気持ちが強かったのですが、2時間もするとタバコを吸いたいという気持ちは弱まり、むしろタバコを吸いすぎたときに近い感じになってきました。

2日間完全にニコチンを立っていたため、タバコを吸いすぎて胃がムカムカする感じになっています。

シガノンを貼って気づいた
ニコチン依存症という病

ニコチンガムのニコレットや、ニコチンパッチのシガノンやニコチネルなどでタバコを吸いたい欲求が抑えられます。

しかし、改めて気づかされるのが喫煙者はこのニコチンというものに依存しているため止められないのだという事実です。

依存性の高さで言えば、アルコール。コカイン・ヘロインよりも強いという説もあるくらいだ。

シガノンをはじめとしたニコチン医療薬で注意したいこと

過去シガノンでの禁煙成功体験があるにも関わらず使うことを躊躇していたのが先にも述べた「ニコチン依存」です。

シガノンの成分表を見ると1枚あたり78mgとある。タバコ1箱に換算すると約4mgのタバコと同等のニコチンの量です。

 


実際にシガノンを貼っているとタバコを吸いすぎた時のような症状に見舞われることがあります。これはニコチン依存をタバコから、シガノンに変えただけなのであまり多用すると今度はシガノン依存症になりそうなので、控えていました。

ただし、タバコを吸った時のようなリラックス感や開放感を得られるわけではないのでタバコの「行動習慣」を取り除くには良いと思います。

 

この禁煙日記いつまで続くかわかりませんが、とりあえずやめたと言えるところまで続けていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で