料理の作り方をYouTubeで後悔しています。よかったらチャンネル登録お願いします。

YouTubeチャンネル

日本で蕗は数百年前から漢方薬として活躍してきました。

蕗の効果
・高血圧、大腸がんの予防
・咳を止める
・ポリフェノールやミネラルが豊富で新陳代謝を活性化
・アレルギーの抑制
・ダイエット

低カロリーのためダイエットにもオススメです。

作り方の手順

ふきの下ごしらえ

ふきのとうを葉と茎の部分を分け、フライパンに入りやすい大きさに切る
ふきのとうを葉と茎の部分を分け、フライパンに入りやすい大きさに切る

 

くきに塩をふりかけ板ずりする
くきに塩をふりかけ板ずりする
葉と茎を水から煮流。沸騰して5分で引き上げる
葉と茎を水から煮流。沸騰して5分で引き上げる

 

茎は氷水につけると薄皮がむきやすくなります。葉は別の冷水に晒しよく絞ります。一緒にしてしまうと葉の苦味が茎に移ります。
茎は氷水につけると薄皮がむきやすくなります。葉は別の冷水に晒しよく絞ります。一緒にしてしまうと葉の苦味が茎に移ります。

 

ふきと油揚げの煮物の作り方

茎と油揚げ、調味料と水を加えて沸騰直前言うまで中火で、そこから弱火で5分。 冷めるまで鍋に放置する事で味が染みます。
茎と油揚げ、調味料と水を加えて沸騰直前言うまで中火で、そこから弱火で5分。
冷めるまで鍋に放置する事で味が染みます。

 

ぅあ

ふきと油揚げの煮物完成
ふきと油揚げの煮物完成ふきの煮物は冷めたら煮汁ごとタッパーなどに入れて保存すると味が染みて美味です。

 

キャラブキの作り方

葉を細かく刻みます。 ふきの茎の細い部分はキャラブキに使います
葉を細かく刻みます。
ふきの茎の細い部分はキャラブキに使います
醤油・酒・みりんの合わせ調味料を作ります。お好みで砂糖を加えても良いです。
醤油・酒・みりんの合わせ調味料を作ります。お好みで砂糖を加えても良いです。
材料が浸らなくても、水分が飛べば少なくなるので大丈夫です。 始め弱火で葉がしんなりしたら中火で味をつめていきます
材料が浸らなくても、水分が飛べば少なくなるので大丈夫です。
始め弱火で葉がしんなりしたら中火で味をつめていきます

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で