マスクが快適ガードコロナウィルスの影響でマスクが品薄になりどこも売り切れ続出だそうです。そうなると皆考えるのが、ネット通販ですが、こちらのマスク快適ガードの価格をみたらなんと¥8,476!(2020年2月6日)通常は¥1,180 (税込)で販売されている商品です。

Amazonで「マスク」と検索したらこんなことになってました。。。。

現状コロナウィルスは風邪より安全

皆さんに冷静になって考えていただきたいのですが、タイトル通りコロナウィルスは風邪よりも感染の可能性が低く安全です。

中国・武漢で発生した新型のコロナウイルスの被害状況・死亡者数・対応策

こちらの記事でも書きましたが、国がコロナウィルスの感染者を把握し接触者数まで把握しています。風邪の感染者がここまで把握されていることはありますか?つまり風邪よりも感染の可能性は圧倒的に少ないのです。

にも関わらず品切れになる程皆が購入してしまえば、本当に必要な人にまで行き渡らなくなってしまいます。

コロナウィルスの予防方法

コロナウィルスの感染は空気感染んではなくツバなどの体液が粘膜に触れた時起こるそうです。つまりコロナウィルスに感染している人がマスクをしていれば予防できるのです。

また、感染者の席などで感染するのならば口の中に唾液が入る可能性よりも目に入る可能性の方が高いです。コロナウィルスの対策であれば、マスクよりメガネの方が優先度が高いように思われます。

ウィルスの危険度なら中国よりもアメリカのインフルエンザ

コロナウィルスの報道で見逃されていますが、現在アメリカではインフルエンザが大流行しています。感染者数は1500万〜21000万人。コロナウィルスの2000倍です。

そして死者数は8200〜2万人と推定されています。今年に入って最初の2週間で5000人以上が亡くなっており、今後も増えつづづけると予想されています。

日本でもインフルエンザによる死亡者数は年間1万人とされており、国が総出で感染させないよう管理しているコロナウィルスよりも、インフルエンザに注意を向けるべきです。

インフルエンザは幸い予防接種もあります。何より大切なのは抵抗力を失わない生活習慣です。マスクを大量に買い込むのではなく、睡眠を十分取ること、手洗い、うがいを心がけること。こうした日々の当たり前が重要だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で